短いスカートが履けない高校生ときの悲しい思い出

高校生ときはなんてったって短いスカートが流行っていました。
パンツが見えちゃうんじゃないかってくらいスカートを短くし、細くて綺麗な足を露出するのが流行りだったんですよね。
私は比較的足は細い方なのですが異常に毛が濃くて毛穴がとても大きかったので毛穴から毛が見えてとても汚い足でした。

周りの女の子たちはみんなミニスカートを履いているのに私はこの足を誰にも見られたくなくてスケバンのように長いスカートで過ごしていました。
友達からは足が細いんだからミニスカートにすればいいのに、と何度も言われましたが私は日焼けするのが嫌だからと曖昧に答え毛深い悩みをひたすら隠し続けていました。

足は細いのにどうしても露出できない毛深さが高校生ときの私にとってはコンプレックス以外の何物でもありませんでした。
ミニスカートなんて高校生ときしか履けないのに貴重な女子高生ライフを失ってしまったかのように思い、今でもその頃のことがとても心残りです。