Vゾーンのムダ毛処理方法でたらめを信じて後悔した思春期

思春期で、体もだんだん大人に近づく中学3年生のときVゾーンの毛が気になっていました。
濃くて悩んでいたのではなく、夏はプールの授業があるので見えてないかなと不安で仕方なかったのです。

下校途中、友達に思い切って「処理とかしてる?」と聞くとしていないとのこと。
でも、気になるならいい方法知ってるよ!とある方法を教えてくれました。

それは、眉毛用のカミソリで毛を短く切って毛先をライターなどで焼くというものでした。
私はとても衝撃的でしたが、友達は「切るだけじゃ毛先が平らになってチクチクするから焼いて毛先を丸くするんだよ」ともっともらしい説明をしてくれました。
信じた私は早速試しました。試してすぐは水着からはみ出る心配がなくなって嬉しかったのですが、
2、3日でゴワゴワチクチクするようになり、余計気になるようになってしまいました。

さらなる解決法を求めてまた友達に相談すると「え!本当にしたの?!信じると思わなかった」と大笑いされ、とても恥ずかしくなりました。
それ以来、そんなに気にしていなかったVゾーンの毛は濃くなったような気がして仕方ないです。
簡単に信じなければよかったと後悔した出来事でした。